欠片たち

同じ形のないビーチグラス。

色々な形に出会うのも楽しみの一つです。

 

         「瓶の口」                           「瓶底」                            

   

 

                    「瓶口一部&模様・文字」               

   

 

          「ビー玉」                        「クラッシュ」                    

  

 

         「ガラス栓」

 

「ボタン」

ビーチコマーの間では“ボタン”と呼ばれます。

昔の白熱電球の底部分、絶縁材です。

私は、青しか持っていませんが、黒色や深緑色の物もあります。

 

「デベソ」

漁具として使われていたガラスの浮き玉。ガラスが割れないように網掛けして使われていましたが、近年プラスチックに変わりました。

浮き玉は、“沈まない”という事で、縁起ものとして飾るお店もあります。

吹き棒で丸く膨らましたガラスを棒から切り離し、ガラス蓋で穴をふさいだ後、中の空気が冷えてへそができるそうです。

この部分のビーチグラスを“出べそ”と呼びます。

         「浮き玉」                          「デベソ」